kenkilog

新人ITエンジニアでミニマリストのブログ

ミニマリストがApple製品を選ぶべき理由は「コードレスだから」

f:id:kenkitube:20180613232808p:plain

ミニマリストはApple製品と相性が良いという話なんですが、言うまでもなくミニマリストの中でApple製品はすでに浸透していますよね。

Appleはなぜここまでミニマリストに愛されるのか。

「そもそもスティーブ・ジョブズがミニマリストだから」と言われると納得してしまいますが、

今回は持ち物をApple製品で固めている私がデジタル機器をApple製品で揃えるミニマリスト的メリットについて解説していきます。

 

 

Apple製品は自宅のコードレス化を進める

Apple製品は「シンプルでミニマルなデザインがかっこいいから」とか、もちろんそれもあるんですがそれは好みの話なので今回はデザイン面の話はしません。

私がミニマリスト視点で考えた時のApple製品のメリットとしてのテーマはずばりコードレス

今どき普通でしょ?と思われるかもしれませんが、Apple製品で統一することで家の中から極端にコードが減ります。

充電はLightningコネクタで統一

f:id:kenkitube:20180620074324j:image

Appleのモバイル端末や周辺機器の充電方式はLightningコネクタで統一されています。

iPhoneだけしか持っていない場合は、他のデバイスの充電方式と互換性のないLightningコネクタは微妙なんですけど、iPhoneだけでなく他のデバイスもAppleで統一することで充電器をいくつも持ち歩いたり収納する必要がなくなります

Lightningコネクタで充電できるデバイス
  • iPhone
  • iPad
  • Apple Watch
  • AirPods
  • Magic Keyboard
  • Magic Trackpad 2
  • Magic Mouse 2

以上のリストのようにキーボードやマウスまでLightningコネクタで充電可能です。

私はiMacに2本のLightningコネクタを接続してすべてのApple製品の充電をまかなうことができています。

新商品「AirPower」登場でLightningコネクタすら最小限に

2018年に発売が告知されているApple純正のワイヤレス充電パッド「AirPower」があれば、iPhone、Apple Watch、AirPodsを同時に充電することができます。

しかも使うLightningコネクタはたった1本だけ。

f:id:kenkitube:20180620075027j:image

端子をつなぐ手間も省けてさらにミニマルな生活が期待できます。

AirPodsはデバイス間の切り替えもスムーズ

AirPodsはコードがなくなってスッキリしたこと、他のワイヤレスイヤホンに比べてバッテリーの持ちが良いことが特徴ですがそれだけではありません。

AirPodsの真の良さはAppleデバイス同士のBluetoothの切り替えがスムーズなことです。

通常のワイヤレスイヤホンは、まずデバイスAの接続を切ってからデバイスBとの通信を設定しなければなりません。

しかしAirPodsは共通のApple IDをもつデバイス間ならデバイスBの通信をオンにするだけでデバイスAの接続が切れるようになっています。

PC、タブレット、スマートフォン…イヤホンの接続を頻繁に変えるライフスタイルでもストレスなく使えます。

ここまでくるとイヤホンジャックを差すよりもはるかに便利です。

iCloudとAirDropを使えば物理的な接続が不要

スマホで撮った写真をブログで使いたい時に、わざわざPC取り込むために物理的に接続する必要がなくなりました。

iPhoneとiMacを使っているならば、基本的にデバイス間のデータのやりとりはiCloudもしくはAirDropで解決します。

充電コード1本のみ。iMacの一体型デスクトップPCとしての魅力

最後にもう一つ。

iMacの良さは電源コード1本で非常にミニマルな点であり、実はMacBookよりもミニマリスト向けなのです。

f:id:kenkitube:20180620080516j:image

ミニマリストはMacBook一択という風潮がありますが、外ではなく普段から自宅だけでPCを使うミニマリストはiMacでも問題ないと思います。

ミニマルな生活は配線の少なさで決まる

ミニマリストの多くはモノを減らした分だけ、PCやスマートフォン等の電子デバイスに娯楽や利便を求める傾向にあります。

それ故にミニマリストの自宅の綺麗な床にはコード類が煩雑に伸びている という状況になります。

あまり見た目を考えると気持ちよくないですよね。

コードを収納したりまとめたりする工夫も良いのですが、根本からコードの数を減らしに行く自宅改革もアリだと思います。

ぜひApple製品で揃えてみてください。