ケンキブログ

ITエンジニア×ミニマリスト

アドセンス広告の配置と種類を変えたらクリック率が3倍超に!

f:id:kenkitube:20180907193551p:image

Googleアドセンスの審査を通過してから2年、このブログもそうですがクリック率が0.5%を維持し続けていました。

そしてこの2年、アドセンス広告の配置や種類を色々と試行錯誤しつつ、直近1ヶ月のクリック率が1.95%に爆上がりしてしまいました!

結論を言ってしまうと、

  • 目次上にリンクユニット
  • 記事下に関連コンテンツ
  • 大見出し前にレクタングルを自動挿入

に設定したところ急激に変化がありました。

今回は大幅に広告を変えたので、参考になるか分かりませんが載せておきます。

おすすめの広告配置

以下のように配置することでクリック率が3倍以上に向上しました。

実際どんな感じなのかは当ページをスクロールしてもらえれば伝わるかと思います。

f:id:kenkitube:20180908104046p:plain

記事上レクタングル大

ファーストビューの視認率が高いというのは当たり前なので、試験的に導入していますが他の広告に比べてクリック率は低め。

目次上リンクユニット

大勢のトップブロガーが目次上にリンクユニットを設置しているこれ本当に効果あるのかな?と思いつつも設置するとクリック率が大改善

リンクユニットは派手な画像もないし2クリック必要なのにレクタングルよりクリック率が何倍も良いですね。

大見出し(h3)の上

雑記ブログは狙った広告を出すのが厳しいので、記事中には最もバリエーションが豊富な「レクタングル大」を設置しています。

これも自動挿入で「奇数番目の大見出しの上」を指定しています。

自動挿入を自由に指定する方法も次の記事で書きたいと思います。

記事下関連コンテンツ

関連コンテンツは一定の条件を満たしたサイトに解禁される広告ユニットです。

関連記事が10個表示され、その内の3個がGoogleアドセンス広告となっています。

これがクリック率も収益もかなり高いので、解禁されたら即導入をオススメします!

ちなみに当ブログに解禁されたのは月間1,5000PVと5,000円/月の時だったので、導入のハードルはそこまで高くないと思われます(昔はもっとハードル高かった)。

クリック率の変化

まずは証拠に先月と先々月のクリック率の変化を載せておきます。

ちなみにGoogleアドセンスアプリの「クリック率」というのは広告表示回数に対するクリックの割合であって、

世間で議論されるクリック率とはページCTR(PVに対するクリック率)なので間違えないように。

以下が当ブログのクリック率(ページCTR)の変化です。

変更前(先々月)

f:id:kenkitube:20180907194900j:image

変更後(先月)

f:id:kenkitube:20180908110929j:image

いかがでしょう。

およそ3.45倍!

ちなみに平均単価は25円なので、クリック増えたけど単価がグッと下がったとかはありません。

まとめ

今回は「記事下に関連コンテンツ、目次上にリンクユニット、大見出し前にレクタングル大の広告配置がクリック率を向上させる」という検証結果となりました。

リンクユニットがここまで効果あるとは思ってなかったので、何事も挑戦ですね。

広告位置を最適化するだけで、アクセス数変わらなくても収益は3倍ですからね!

あとは記事の方もしっかり書いていきたいと思います!