kenkilog

新人ITエンジニアでミニマリストのブログ

Face ID でロック解除しやすくするには画面注視機能をオフにすると良いみたい

f:id:kenkitube:20180604072700j:image

以前の記事でも書いた通りですが、私の感じている iPhone X の微妙な機能として Face ID が挙げられます。

(顔認証としては十分機能しますが指紋認証に比べるとという意味です)

ロックを解除する時などに画面を見ていないと機能しなかったりと、たまに失敗してストレスに感じます。

精度を上げるのではなくむしろ下げる

認証における精度は必ずしも成功率に結びつきません。

普段ロックを解除するたびに精密な顔認証を行う必要はありませんよね。

Face ID は画面をしっかり見ている時でないとロックを解除できないようになっているため、例え顔が映っていてもよそ見していたりサングラスをかけている時は反応しないのです。

実はこの画面注視機能と呼ばれる設定をオフにすることが出来るので、今回はこれを実施してみました。

画面注視機能をオフにする方法

画面注視機能のオンオフへは

「設定」→「Face IDとパスコード」→「Face IDを使用するには注視が必要」のトグルボタンをオフにします。

f:id:kenkitube:20180604065623j:image

以下のように「Face IDの安全性を高めるには注視が必要です」の計画が出てもそのままOKを選択します。
f:id:kenkitube:20180604065620j:image

以上で設定は完了です。

まとめ

すごく微妙な変化ではありますが、設定前より確実に認証精度は上がるはずです。

私のように「最悪ロックかけなくても良いけどApple Payは使いたい」というような方は是非ともお試しください。

※ Face ID をオフにするとApple Pay等の機能が使えなくなります