ケンキブログ

ITエンジニア×ミニマリスト

缶ジュース1本分のお金でiCloudストレージを50GBに!もっと早くやっておけばよかった…

f:id:kenkitube:20180423191013j:image

5GBのiCloudストレージがいっぱいになってしまったという通知が来たので、思い切って50GBプランに課金しました。

f:id:kenkitube:20180423205441j:image

f:id:kenkitube:20180423205449j:image

月額たったの130円!50GBへのアップグレード方法

50GBは月額130円でアップグレード出来たんですね。

コンビニで缶ジュース買ったら1本そのくらいじゃないですか?

iCloudのアップグレードは iOS デバイス、Mac OS どちらからでも即座にできます。

iOS から

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「容量」の「ストレージを管理」または「iCloud」を選択します。iOS 10.2 以前をお使いの場合は、「設定」>「iCloud」>「容量」の順に選択します。
  2. 「さらに容量を購入」または「ストレージプランを変更」をタップします。
  3. プランを選択します。
  4. 「購入する」をタップして、画面上の案内にそって手続きします。

Mac OS から

  1. Apple メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「iCloud」をクリックします。
  2. 右下の「管理」をクリックします。
  3. 「ストレージプランを変更」または「さらにストレージを購入」をクリックします。
  4. プランを選択します。
  5. 「次へ」をクリックして、Apple ID のパスワードを入力します。

 

Appleデバイスで揃えているとiCloudは便利

Apple デバイスで身を固めていると、iCloudがとても便利に感じます。

(逆にwin機と使い分けている人にはオススメできないかも?)

特に便利だったのがメモの同期機能。

基本的にブログネタとか考えたりをメモアプリに殴り書きしているので、どのデバイスでブログを更新する時にもすぐアクセス出来るので重宝していました。

50GBにすることで出来ることが増えた

基本的に今まではバックアップに2GB以上持っていかれていたので、無料の5GBではほとんど使いこなせていませんでした

そして今回その10倍の50GBにアップグレーしたことで、iPhoneに保存された20GBの写真の共有が可能になりました。

iPhoneで撮影した写真をブログに使うこともあれば、

逆にiMacで作成した記事のアイキャッチ画像を出先のiPhoneで編集中に使用したりすることも、今後は快適にできるようになります。

 

とりあえず、しばらくは50GBでのiCloudストレージがどのように活躍するかを体験してみて、場合によっては200GBなどプラン変更も検討してみたいと思います。