ケンキブログ

ITエンジニア×ミニマリスト

ゲームアプリ全て断捨離。ソシャゲをやめると生きるのが少し楽になる

f:id:kenkitube:20180712075847p:image

ソシャゲをやめてから半年くらい経ちます。

もともとそこまでやりこむタイプでは無かったですが、やめたらスッキリしたというか、人生から余計なものを断捨離したような感覚です。

やめた今、ソシャゲなんてやるもんじゃないなと改めて思います。

 

ログインの義務・スタミナ消費の義務

「ログインボーナスがあるから」とか、「スタミナが満タンになったから」などの理由で毎日時間を気にしながらソシャゲを起動する日々。

もはやその時間はプライベートではないと感じます。

遊んでいて楽しいならソシャゲも立派な趣味だと思いますが、私にとってはただの暇つぶしでしかなく、その暇つぶしがいつの間にか義務のようになってきたので慌ててアンインストールしました。

ソシャゲの時間はもったいない

なんとなくインストールしていて、なんとなく遊んでいたソシャゲ。

ある時から、貴重なプライベート時間にソシャゲをしていることですごく時間を無駄にしているように感じてしまいました。

学生なら時間なんて余りまくっていて暇なんですが、社会人になってからはその思いがさらに強くなりました。

ソシャゲが義務に感じたら要注意!

「ログインしなきゃ」「スタミナ消費しなきゃ」って思うようになったらだいたい飽き始めていると考えていいと思います。

ソシャゲに義務を感じ始めたら、面白くてやってるのか惰性でやっているのか一度考えるべきかもしれませんね。

以上です。